本文へ移動

女性向けの保険

女性向けの保険

最近増えている、女性特有の病気。
当社もしくは私たちはいち早くこれらの病気を対象とする保険の告知に努力をかさねてきました。

女性特有の病気に

乳ガン・子宮ガン・卵巣ガン・乳腺症・子宮筋腫・子宮内膜症・流産・妊娠分娩および産じょくの合併症・卵巣機能障害・卵巣のう腫など関節リウマチも含めた女性特定の病気に手厚い医療保険をオススメします。(保険会社によって保障の幅が異なりますので確認して下さい)

 

もちろんお客様のご希望に合わせた保険のご提案や他の保険との組合せによる安心ダブルなど、幾つもの保険会社からベストマッチした保険をご提案致します。
さらに現在ご加入の保険で本当に安心なのか?ベストなのか?を診断する「無料診断&相談」を行っております。
どうぞ、お客様の為に一日でも早い保険の確認と見直しをオススメします。

統計から女性保険を考えてみましょう

4.0人に1人が帝王切開で分娩

健康と思っていても、妊娠や出産に伴うトラブルは少なくありません。
妊娠時に子宮筋腫や子宮がんが発見されることも。
一度病気にかかると、保険への加入が難しくなる場合がありますから、健康に自信がある今だからこそ入っておくべき、といえます。
 

※分娩件数に対する帝王切開の割合は約24.8%(11.543件)(厚生労働省「平成26年医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況」より)

 

女性のからだはホルモンの影響を受けやすく、それにより起こる女性特有の病気があります。
なんと女性特有の病気の人は約155万人。
健康に不安を感じてから保険に入れないということも…。また、若いうちに入った方が、月々の負担も少なく済むんです。

 

※厚生労働省「平成26年患者調査」より

乳がん患者数は約20.6万人!

30代から急増する乳がん。でも年齢を重ねるにつれ胃がんや結腸がんも気になります。
女性特有のがんだけでなく、幅広いがんに手厚く備えたいところです。
 

※厚生労働省「平成26年患者調査」より

1日4時間の家事、誰かに任せられますか?

あなたが入院したら、誰が家事や子育てをするのでしょうか?ホームヘルパーやベビーシッターを利用するにも出費はかさみます。
医療費だけでもたいへんなのに、そんな余裕ありますか?

ますます充実!女性向けの保険

女性の為の女性にお得な保険は上記だけじゃありません。
さらに充実させた保険プランをご提案させて頂いております。大好評の「女性の為の女性にお得な」保険を是非一度お話させて下さい。
TOPへ戻る