ホーム > 死亡保障中心の保険


生命保険の基本形は3つ。“資金のカタチ”をどんな生命保険でカバーするかを考えてみましょう。


|定期保険(平準型)-掛け捨てタイプ-


割安な保険料で死亡保障だけを追及した保険です。
保険期間の自動更新、他の保険種類への変換といった自在性も備えています。
定期保険は掛け捨てのため、割安な保険料で大きな保障が確保できます。保障を必要とする期間が決まっている、万一のときの資金を確保するのに適しています。

|養老保険-貯蓄タイプ-


保険期間中の死亡保障はもちろん、満期を迎えられた時にも死亡保険金と同額の保険金が支払われる、保障と貯蓄の機能を備えた保険です。
また、保険期間の途中でも解約返戻金を有効にお使いいただくことができます。
養老保険は「保障」と「貯蓄」を兼ね備えた保険のため、保険金額・保険期間が同一の定期保険と比べ保険料が高いので、満期保険金の使用目的を明確にした上で活用するのがポイントです。

|終身保険-長期的な貯蓄タイプ-


一生涯を通じて保障を継続しますので、何歳でお亡くなりになられても保険金が支払われます。
将来、ニーズの変化に応じて、解約返戻金を有効にお使いいただくこともでき、多目的にご利用いただけます。
終身保険は、保障が一生涯続く保険のため、いつ起こるかわからないものの、一生涯のうちに必ず発生する費用を確保できるのに適しています。
また、老後を迎えるまでは保障を確保し、その後、年金や介護保障などに移行することもできます。



|葬儀業者への支払い


祭壇一式、棺一式、式場の設営、会葬用品、火葬関係、霊柩車・ハイヤー・マイクロバス使用料など。

|お寺(神社・教会含む)に適した費用


お布施、車代、食事代、献金、謝礼。

|会葬者への接待費


お通夜の接待費、葬儀後の会食費、参列者への宿泊費・交通費、隣近所・勤務先への挨拶回り、お手伝い関係者へのお礼など。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱い商品、各保険の名称や保障内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)
にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。

ご不明な点等がある場合にはGRMまでお問合せください。